FC2ブログ

~あきっぽい故にかなーり不定期に書きつづられる日常~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
わたしの中のあなた
11歳の少女アナは、白血病の姉に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によってこの世に生まれた。母サラは愛する家族のためなら当然と信じ、アナはこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきた。そんなある日、「もうケイトのために手術を受けるのは嫌。私の体は、自分で守りたい」と、アナは突然、両親を相手に訴訟を起こす。しかし、その決断にはある隠された理由があった…。

と、いわゆる病気もの、白血病ものの映画ですが、アメリカ的なのは、妹が母親を訴えるという訴訟社会であるアメリカならでは?の展開となっているところがおもしろい。
でも、この訴訟には裏が当然あるわけですけど。

キャメロン・ディアスが、初の母親役を演じたというふれ込みで宣伝されていましたが、彼女自体の存在感というのは、この映画ではそれほどでもないです。それより、やはり本当の主役である、白血病の姉を演じている女の子と妹を演じている女の子がすばらしい。

お父さんも優しいです。
スポンサーサイト
2009.11.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://shalalala1967.blog6.fc2.com/tb.php/84-bc4b2d00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。