FC2ブログ

~あきっぽい故にかなーり不定期に書きつづられる日常~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
純平、考え直せ純平、考え直せ
(2011/01/20)
奥田 英朗

商品詳細を見る


いやー 久々に小説を読破しました(笑)

「最悪」や「サウスバウンド」などで有名な奥田さんの最新長編。

今回は、どちらかというとおもしろおかしい、でも、ちょっと哀しい そんな小説です。

21歳の純平は、埼玉の田舎から出てきた元暴走族リーダーで、東京歌舞伎町でヤクザをやっている。

歌舞伎町では、なかなかの顔の広さをもっていて、それなにり人気があるが、ダンサーのカオリに恋い心をいただいているが、そのことは言い出せない。

小さな組に属している純平は、親分に命じられ、鉄砲玉になることになる。そこから決行日までの3日間の純平と彼を取り巻く様々な人たちとの出会いから、純平の心の動きが描かれていく。

カナという女に出会い、夜を共にするが、カナはネット上に、純平が鉄砲玉になるというスレッドをたてる。そこから、ネット上で、様々な人々が彼をとめようかどうしようかなど、書き込みが始まり、そのことを純平も見るのだが・・・

はたまた、元早稲田大学の教授に回転寿司屋で絡まれ・・・

テキ屋をやっている同業の男と兄弟の盃をかわし・・・

そうこうしているうちに、兄貴と慕っている男も実は、組を独立するための犠牲として差し出されていることが知らされ・・・

こんな中、自分が一人だと思っていた自分には、周りにたくさんの人がいるということに気付いていく・・・

そして、決行の日。。。純平はどうするのか・・・

青春もののジャンルに入るのだろうか?なかなか、奥田さんは、こういうちょっとウルッとさせるのがうまい。全くの悪人らしき悪人が出てこないし、純平の純真なこころがよく伝わってくる。

ページを半分ぐらい過ぎれば一気読みになりました。

最後の結末は・・・まー だいたい予想どおりですけどね。
スポンサーサイト
2011.02.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://shalalala1967.blog6.fc2.com/tb.php/200-e3ea2b3b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。