FC2ブログ

~あきっぽい故にかなーり不定期に書きつづられる日常~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
日本が負けました。予想どおりだったけど、久しぶりにドキドキさせてくれて、感動もさせてくれた。代表でこんな感じを受けたのは、実に、あのドーハ以来だったかも。

試合展開は、大方の評論家の皆さんが言われていたとおりの内容だったような気がする。似たタイプで、守備が強く試合巧者。
前半を終えて、0-0だったから、結構いいかもと思った。
後半もボール支配率は、パラグアイだったけど、守備一辺倒でどうにもならないという感じではなかった。そういう意味では、ベスト16に進んだチームとして、世界で誇ってもいいかもしれない。

守備面では、かなり完璧。

ただ、攻撃面ではどうだったのか。

日本国民みんなが、デンマーク戦の3得点が目に焼き付いていて、それなりに点が取れるかもしれないと思っていたのでは?また、本田の無回転フリーキックが爆発すると思っていた?

予選リーグに比べ、松井と大久保の飛び出しや、サイドの攻撃参加も目に付かなかった。もちろん、松井のおしいシュートもあったし、長友のシュート、本田のシュートもあったけど、点がとれそうな気配がなかった。

阿部をアンカーに据えたディフェンス重視のシステムは、確かに成功したけど、いざ、点を取らないといけない場面におかれたときに、オフェンシブにいけるのか、他のオプションはあるのかということになると、やはり、難しい。

本番前にテストマッチで勝てなかったとき、根本的に得点力不足と言われていた根本的な問題は拭いされていない。本田は、急造のワントップで、確かに素晴らしい働きだったけど、彼はフォワードではない。彼の能力の高さを見せつけたに過ぎない。

本当に世界の強豪たちと決勝トーナメントで戦っていくには、ストライカーが必要なのではないだろうか。

代表というのは、急場しのぎで作るものではない。有る程度の期間をかけ、監督が掲げるコンセプトのもと、作り上げていくもので、今回のW杯は、運がよかっただけとも言えるのではないか。

日本人は、掌を返したように歓喜の嵐だが、4年後、8年後を見据えたチーム作り、監督選びに向けてサッカー協会には冷静な分析をお願いしたい。

と、僕なりの冷静な分析を書いたが、選手は、実に素晴らしかった。

プロ化してから、ジーコジャパンの頃なんかは特に、選手個人個人にスポットがあてられ、チームスポーツとしての魅力が忘れられていた感があったサッカーに、また、一つにまとまれば世界で対等にやれることを証明したことは、今後のサッカーのみならず、日本のスポーツが世界で戦えるヒントを改めて示したような気がする。

泣きながら駒野の肩を抱く松井や長谷部のインタビューを聞くと、誇らしい気持ちでいっぱいになった。

お疲れ様。

4年後また楽しませてくれよ。

スポンサーサイト
2010.06.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://shalalala1967.blog6.fc2.com/tb.php/149-16fc628f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。